CMS-Certの設定について

授業で無線LANのCMSが利用できなかった件について、
多数アクセスで認証サーバに負荷がかかってしまい、アクセスしにくくなっていたことが判明しました。
そこで、学科では「CMS-Cert」により証明書を格納することで、認証サーバをスルーしてアクセスすることにしました。

【注意点】
CMS-Certの手続きでは、CMSのログイン画面にアクセスする必要があります。
学内のCMSが入る場所で、各自手続きをしてください。
参考: 学内でCMSが利用可能な場所

設定マニュアル
■ Windows10
■ Mac


CMS-Certは15ヶ月経過すると証明書の有効期限が切れます。15か月経過する前に、証明書の再申請を必ず行ってください。

CMS-Certの更新手順
■ Windows
■ Mac


<←戻る>

↑↑